#116.ケーキ×リホコ

Pocket

読者の皆様あけましておめでとうございます。

今年は戌年。新年一発目はケーキ好きなワンダフルガールと老舗洋菓子店ボンボンへ。

名古屋では多くの人に知られたこのお店は1949年創業。

その歴史は70年に届こうとしています。実は株式会社なんですね。

今回は創業は恐らくボンボンさんの三分の一程度の元気なOLリホコと共に。

早速注文をと思いましたが大好きなケーキだからこそなんでしょう。

神妙な面持ちで検討しています。「うぅぅ。。。全部美味しそう。。」

美女が思考している姿を見守るのは良いモンです。

年末に競馬新聞を眺める父親と一瞬ダブりましたがソレとは別モン。

長考の末「ショートケーキ!」 何故迷った?と思いつつも

「わーい!」

このハジケル笑顔には敵いません。

とはいえ沢山待ったのでお約束のヤツお願いします!

「あーん」

あまーい!!!

甘いモノはそんなに、、ですがこの日は沁みました。

これはHappyなNewYearがやってたな。

調子に乗ってお約束2コめ。

いや、なめてーよ。

失礼。

たぶんこんなベタにクリーム付けてる人は絶対いないんですけど、

にも関わらずこれがカワイイって気づいた人は変態か天才(超変態)だと思うんです。

ね?

そうこうしてたら「おかわり!」人気のマロン。

これもですよ。普通しません。この「ペロッ」てヤツ。

「ンフフ!」ご機嫌のようです。

意外(?)にも普段はマスコミ系の企業でバリバリ働くリホコ

「甘いモノは日々の疲れを癒やしてくれるなくてはならないモノ。」

「一口一口。染み渡るぅ~。」とのこと。

来世はイケてるスイーツにしてくださ~い。

「君の名は。」の三葉の様ににそんな事を漠然と思いました。

引かないでよ。

いや、カワイイな。おい。

すみません。そろそろケーキもこのやり取りもお腹いっぱいですよね。

そろそろご馳走様です。

歴史あるボンボンさん。

店内の家具や装飾がノスタルジックでした。

なんだか時間の流れがゆっくり。ほっこり。

「また、来ようね。」なーんて

文章:かずや

写真:コロン

Pocket

writer/photographer