HOME > ごはんもの > #03.つげちゃん×カレー

#03.つげちゃん×カレー

Pocket

 

「変わらずそばにいてほしいですよ。」

 

これからのカレーとの付き合い方について、そんな一言をくれたのが今回のぐる娘、つげみおうさんだ。

張り詰めた寒さが冬の訪れを知らせる12月初旬。

今回、つげちゃんと共に訪れたのは覚王山にある「えいこく屋」。開業30年を超える老舗であり、人気カレー店だ。
たくさんあるルゥの中から、彼女が選んだのは「小えびのカレー」。

「魚介類好きなんですよ。」
小学生の頃、機嫌のよかった母が作ってくれたシーフードカレーに衝撃を覚えたという彼女。
「シーフードカレーが出てくると、ああお母さん機嫌いいんだぁって」

なんかほっこりする話だな。

家でカレーを食べることが多いというつげちゃん。

 

「一回で2週間分、鍋2つくらい、いっぱい、いっぱいめっちゃ作るんですよ」

 

!?

 

これは生半可なカレー好きではない。

つげちゃんにおいて、カレーを食べるという行為は、大阪におけるたこ焼きのそれと近いのかもしれない。

一度カレーを作ってしまえば、朝も、昼も、夜も、極め付けは弁当までカレー。

チーズをかけたり、カレーうどんにしたり、ピラフにしたり。あらゆる方法でカレーを消化する。

たとえ作り置きがない場合でも、大量のレトルトがストックされているため彼女は常にカレーを食べられる状況にいる。

 

つげちゃんにとってカレーとは「食において大部分をしめるもの」だとか。

そう答えるのも十分納得がいく。

 

カレーを食べているとき、どんなこと考えてる?と尋ねると、こう返ってきた。

「カレーと真剣に向き合ってるんで何も考えてないです。」

実にシンプル、そして神聖な関係だ。

 

ルゥが沢山残っちゃう派のつげちゃん。早々にご飯を平らげ、残りのルゥを少しずつ口に運ぶ。

 

 

「おいしかったです」

 

すべて食べ終え、そう口にした彼女。

数日もすれば、また別のカレーと向き合っているに違いない。

 

(文責:ニシムラタクヤ)
(写真:たくみ)

 

Pocket

Please Me Follow!!

writer/photographer

ぐる娘についてのお問い合わせはこちらから
モデル希望、また飲食店様からのお問い合わせもお待ちしております。
お問い合わせ