HOME > パスタ > #02.はせしお×グラタン

#02.はせしお×グラタン

Pocket

誰もが幼い頃食べたであろうグラタン。

ぐる娘 長谷川史織にとってのグラタンは、もはや食べ物ではない。

 

「ライフパートナーですね。普通に考えてこれから働きつづけて食べるじゃないですか、子供ができて食べさせるじゃないですか、成長してご老人になった時にまたたべるかなぁって思って。なくてはならない。」

 

グラタンと共に人生を歩む女の子、はせしお。

彼女と共に覚王山のJi.Cooへ訪れる。

 

 

お目当てのグラタンは「サーモン、カボチャ、ほうれん草の豆乳きのこクリームグラタン♯パン付」

 

「いいですね。(外からグラタンの中身が) 何も見えないところがいいですね。」

 

興奮している。明らかに。数多のグラタンを食破してきた彼女にとって、もはや外見の美しさなど無用なのだろう。好きなものを前に期待が高まっている。

 

「カボチャ!?」

「好きー結構熱い!おいしい!」

 

恋する女の子のように、一口ごとに言葉が弾んでゆく。

 

「今まで食べた中では初めて出会いましたやつです!」

 

「基本的に色々アレンジできる所がいいですね。それこそ大人用にも子供用にもできるし、大学生になってこういうグラタンとも出逢って。どんどん幅が広がって好きになっていったので、ずっと飽きずに付き合っていけるかな。」

 

将来どうグラタンと共に過ごしていくかをも思わせる口ぶり…もはや愛である。グラタンは基本的に家やカフェで一人で食べるとのこと。グラタンと彼女が相対している際に、他の者は邪魔でしかないのであろう。

 


最後の一口について聞いてみる。

 

「悲しいですよやっぱり。もう出会えないかもしれないんですよこのグラタンとは!一期一会ですから。」

 

美味しいものを食べた幸せと、美味しいものと別れる悲しみの入り混じった中で、その ω な口元に最後の一口は吸い込まれて行った。

 

「さよならグラタン!」

 

(文責:ひむ)
(写真:たくみ)

 

Pocket

Please Me Follow!!

writer/photographer

ぐる娘についてのお問い合わせはこちらから
モデル希望、また飲食店様からのお問い合わせもお待ちしております。
お問い合わせ